制作時にプロの写真家の撮影をお勧めするワケ

制作時にプロの写真家の撮影をお勧めするワケ

皆様はホームページをリニューアルや新規で作成したい時、そのウェブサイトに何を求めますか?

現在の近況をユーザーにお伝えし、お客様それぞれの用途の効果を求める為に制作を依頼してくるはずです。

ホームページを制作するとき、まずお客様から文章と写真、図版などの素材を頂き、ご相談しながらデザインを仕上げてウェブ制作を進めて行くのですが制作者側はお客様から頂いたテキスト、写真に目を通して相互性を確認しながらデザインします。

素材が良いと勿論の事デザインも映えます。これは動的な視覚効果を取り入れなくてもかなり有用で良いウェブサイトになります。
しかし素材を頂く時の落とし穴が写真素材です。
テキストはお客様企業様の現状のスタンスや紹介をするテキストを頂けるのですが写真だけは現状のを頂くことがなかなかできません。
「手元にある物」という選択肢になってしまいがちです。

その時によくあるのが、

  • 写真が古い
  • 写真が小さい
  • 明度彩度、フォーカスアングルが甘い
  • パンフレット、チラシで使った物を流用する。

写真は文字より先に目に入る情報です。風景にしても様々な情報を含んでいます。

文章は長く書いてあり、写真は何か古い、、という状況は目にしたことは無いでしょうか?
パンフレットやチラシで興味を持ち、詳細を知るために訪れたホームページには全く同じ写真しか載っていない。
スマホで撮ったんだな、と思えるような照明や機材でイメージを作らないそのままを使った画像だったり。
ウェブで使えない位の大きさを頑張って拡大して使ったんだな、とわかるようなものになってしまったり

もちろん頂いた物でのホームページ制作は可能ですし、そのまま制作したほうが制作側としてはスムーズに進行できると思います。

お金を出して依頼をし、目新しくないサイトが出来上がったらどうでしょうか?

勿論そうさせないのが私達制作側のデザインや構成力の見せどころですが、
素材の良し悪しによってクオリティーも変わってくる部分も正直有ります。

カメラマンは高い!と思われがちですが、デジタル化した今、値段はピンキリです。
むしろウェブで売っている写真素材を数点買う方が高くなる場合もあります。お問い合わせで良く使われる人物の写真を統一するだけでもウェブの見え方は変わります。
もしお客様がリニューアルやお直し、新規ホームページ制作をお考えの場合は是非カメラマンをお使いください。

BeyondZeroのウェブサイト用スチール撮影

デジタルカメラ撮影 8万円
1日8時間以内撮影 カメラマン1名/同行者1名の2名
※拘束は8時間以内(ライティングなどのスタンバイも含む)撮影した写真データは全てお渡しいたします。※都内以外の遠距離移動費、宿泊費は別途実費請求※機材費用を別途お見積りする場合がございます※スタイリスト、モデルの起用の場合はご相談ください。

お問合わせ方法

下記お問い合わせからざっくりな内容でも構いません。折り返し弊社からお電話、またはメールでご連絡させて頂きます。
BeyondZweoへのお問い合わせ

関連記事

  1. 間違ってデータ消しちゃったときのお勧めソフト

  2. The Guinguette by MOJA入口

    blog:お店紹介「The Guinguette by MOJA」

  3. 意外と知らないウェブ制作会社に頼めること

    意外と知らないウェブ制作会社に頼めること

  4. ちょっとしたリニューアルサービス「お直し」はじめました。

  5. 世田谷区役所近くに図書館が設立しました。

  6. 検索刑事

    本職じゃなくてもSEOが分かる小説 「検索刑事」